マスタ管理機能

権限の付与(権限の階層化)

集計結果の確認が必要な人・必要でない人、指示をする・される人など、ご担当者様にはそれぞれに役割があるのが通常です。本サービスでは、五階層で定義されたサービスの利用権限をユーザーに付与することによって、きめ細かい運用を実現しています。

権限の付与(全社権限と部署権限)

『権限』には大きく分けて、全社の安否確認の起動、集計結果の確認ができる「全社権限」と、部署内での安否確認の起動、集計結果の確認ができる「部署権限」の2つがあります。数百人いる従業員の安否確認を数名の全社総務担当者のみで行うことが困難な場合には、予めそれぞれの部署に種々の権限を委譲しておくことができます。

ユーザー情報の登録方法は2ステップ

メールアドレス以外の情報は管理者が、メールアドレスだけは個人が登録する2ステップの方法で、メールアドレスの入力間違いを減らし、プライバシーを護ります。

 

その他の機能
メール状態確認/高速なマスタ一括処理/マスター事前チェック/全社権限・部署権限/複数メールアドレス登録/メール導通確認/複数部署登録/個人アドレス非通知 詳細説明へ

安否確認・非常呼集の起動

緊急時には安否確認を自動起動

発生災害に合わせて自動で対象を選択、安否確認メールを送信します。

 

その他の機能
手動起動/お知らせメール送信/地震自動起動/特別警報自動起動/拠点・部署起動/グループ起動/強力なメール配信 詳細説明へ

応答機能

安否確認はできるだけシンプルに

安否確認への応答はわずか2ステップ。「自身の状況」と「家族の状況」を報告できます。

「簡単ログイン用URL」の発行

いざというときに、ログインID/パスワードが分からないのでは利用できません。
弊社システムではメール記載のURLからシステムにログインして利用する仕組みですが、別途ログイン情報をシステムから取得することも可能です。

その他の機能
各種端末から応答/代理応答/簡易な安否入力 詳細説明へ

集計・指示機能

ユーザーからの安否報告はシステムが自動で集計

ユーザーの応答は6つのステータスで集計されます。
選択肢を選んだもののほか、メールに直接返信したり、URLをクリックしただけの人数もカウントします。

管理者は4つの方式で追加指示・連絡が可能

災害時はもちろん、通常時の連絡にも活用できるよう、4つの連絡方式をご利用いただけます。

集計から抽出して簡単に指示・連絡が可能

自動集計画面から条件を指定して抽出したユーザに、手動で安否確認を起動したり、指示メールを送ったりすることができます。

災害対策本部への報告資料の出力

CSVファイルで集計結果を出力可能です。
リストファイルなので、お客様側で自由に加工して、社内報告に利用することができます。

管理者は起動通知メールからダイレクトに集計閲覧

管理機能「起動通知」を設定すると、安否確認の起動をお知らせする通知メールが配信されます。
メール本文のURLは管理者にあわせて発行され、ログイン情報が無くてもそのままアクセスが可能です。

 

その他の機能
携帯電話からの起動・指示・集計閲覧/集計結果出力/状態別に手動起動/状態別に手動で指示メール/一斉・個別指示 詳細説明へ

その他

普段の生活で使える危機管理情報メール

天気予報・警報・台風・地震・鉄道・ライフラインなど、受信できる危機管理情報は13カテゴリ31項目。通勤時はもちろん、普段の生活のさまざまなシーンでご利用いただけます。

危機管理情報メールのメリットいろいろ

本来の目的である「危機発生を知る」以外に、メールの導通を常にチェックできたり、メール受信の自然な意識付け、従業員のみなさまへの福利厚生としてお使いいただけるなど、危機管理情報を自社配信している弊社ならではのメリットがございます。

家族掲示板で家族間の連絡が可能

ご家族の安否が不明な状態では、業務遂行に支障をきたしてしまいます。本サービスでは家族間での連絡を行うため家族専用掲示板をご提供しています。

データセンター2重化・強靭なファシリティ

地震等の災害での同時被災を防ぐため、大陸プレートが異なる太平洋側、日本海側にある2つのデータセンターにシステムを分散配置しています。
サービスは高度なファシリティ及びセキュリティ項目を 備えている大手データセンターにて運営しています。データセンターの保守・監視はシステム監視要員が 常駐し、24時間体制で行っております。

個人情報保護措置

安心の個人情報、セキュリティ対策を講じています。管理者でも個人のメールアドレスを一覧できないなどアドレスの保護を実現。強靭かつ高度なセキュリティでのデータセンター運営。レスキューナウはISO/IEC27001(ISMS:情報セキュリティマネジメントシステム)を取得しています。

 

その他の機能
起動文面テンプレート/応答項目カスタマイズ/危機管理情報/セキュリティ/ユーザメモ機能/家族安否 詳細説明へ

オプション

安否確認システムは一つの手段です

安否確認システムは、導入後の運用が非常に大切です。
安否確認業務を遂行するための一つの手段にしかすぎません。レスキューナウにはシステムだけでなく安否確認業務全体をサポートするノウハウがあります。導入支援から利用浸透、訓練実施など手厚いサポートでお応えします。

 

その他の機能
英語対応/登録アドレス数追加/複数部署数の追加 詳細説明へ